交通事故でペットが怪我をした

近年では非常に多くの人がペットと一緒の生活をしており、自動車の運転をする際にもペットを車に乗せていると言う人も少なくありません。
車の窓から手とか顔を出しながら運転している車を見かけることも増えてきました。
とても楽しい気分で車の運転をしている中、交通事故に遭ってしまった際には、自分だけでは無くてても気がしてしまうようなことが考えられるのですが、このようにペットが汚してしまった際にはどのような保障が行われるのかについてペットを飼育する人であればある程度把握しておかなくてはなりません。

先方の加入している保険会社によって違う

ペットに対しての保障はそれぞれの保険会社によって扱いが違っています。
病院で治療や湿度で行った際にこのような部分が全て保障されるといった保険内容もあれば、最低限の保障しか行われないという保険もありますので、これに関しては加害者側の保険会社と話をするしかありません。
ただ、保険会社側の主張を全て鵜呑みにする必要はなくやはりペットを傷つけられてしまい、多額の費用が必要になったというケースでは弁護士を立てて保険会社に請求をしていることによって全ての費用が支払えといったケースもあります。

手術が必要になるケースもあれば治療だけで済むケースもあり、さらには検査のみで済むケースや、長い入院が必要になるケースなど様々ですから、ケースバイケースで保険会社の対応も変わってくるでしょう。
ペットがけがをしてしまうという交通事故はあまり頻繁に起きるものではありませんので、初めてこのような交通事故を扱うというスタッフもいます。

ペットが亡くなってしまった場合について

怪我をしてしまったペットが病院の治療や手術によって回復すれば良いですが、万が一にでもペットが亡くなってしまった場合には、ここでの保険問題について様々なケースがあります。
例えば亡くなってしまったペットと似たようなペットを先方に購入してもらうといった形で弁償してもらう方法や、全く同じペットは戻ってこないため、新しいペットを購入するのではなくしっかり慰謝料として賠償してほしいというケースなどがあります。

この辺りに関しては被害者と加害者側で十分な話し合いをしていく必要がありますが、最終的に納得するまで示談には応じないようにしましょう。
特に弁護士さんに相談することによって、ペットの治療や手術に必要になった費用の請求額ではなく、その後ペットが亡くなってしまった際には似たようなペットを購入し、さらにはペットの飼い主が精神的に大きくロスを考慮した上で高い慰謝料の請求が行えるようなケースもあります。
どんな弁護士に相談するかによっても、こうした部分では違ってくるのですが、保険会社というのは必要最低限の保障のみで済ませようとするため、納得がいかないようであれば早めに弁護士に相談しながら保険会社とのやり取りを進めていくようにしましょう。

また、加害者が無保険だった場合には、不運としか言いようがありませんが、それでもできる限りの保障は行ってもらう必要があります。
先方に支払能力があれば1ヶ月どんなに少ない金額でも支払う続けてもらうことが可能ですから。
諦めずに請求を行っていくようにしましょう。
またこのような事故を予防するためにもできる限り車にはペットを乗せないで運転することも重要になってきます。

動物病院などに行く際には仕方がありませんがその場合であっても、ペットをしっかりとケージに入れた上で運転するように心がけるだけでも交通事故が起きてしまった際の被害を少なくすることができます。
また交通事故によってペットに後遺障害が残ってしまった場合にも、やはりこのような部分で保障してもらうことが可能ですから、保険会社としっかり話し合いをしましょう。

人間に残ってしまった後遺障害とは同じ金額で保障されないかもしれませんが、それでもペットの今後の生活を考えた上で慰謝料が支払われるケースがあり、また被害者としては慰謝料を請求できる権利もあります。
大切なペットが被害を受けてしまった場合にはできる限り納得のいく内容で示談を成立させることができるように飼い主さんとしても途中で諦めてしまうのではなく納得がいかなければ前述のとおり、弁護士さんに相談しながらでも先方から保障してもらえるように徹底的な抗議と請求を続けていきましょう。