交通事故での重過失とはどんなもの?

交通事故が起きてしまった際の過失というのは非常に様々なものがあります。
また加害者と被害者でどれだけの過失があるのかというのはここでもやはり事故の内容によって違いが出てきます。
過失については交通事故が起きてしまった際に警察を呼び、その場で実況見分をすることによってその後の事故証明書類から、保険会社や弁護士などが決めることになっているのですが、中でも重過失と呼ばれるような運転をしていた場合には加害者側の責任が非常に大きくなります。
また重過失となってしまった場合には先方に対しての保障問題だけではなく、自分自身の行政処分や刑事処分などについても非常に重いものになることが知られています。

重過失というのはどのようなものになるのかについてしっかりと把握した上で自分の運転には気をつけなくてはなりません。

悪質だと思われる運転が重過失になる

重過失というのは、まず第1に飲酒運転があり得ます。
お酒を飲んでから車の運転をしてはいけないということは非常に多くの人が理解していることですが、それでもお酒の誘惑に負けてしまいお酒を飲んだ後、短い距離だからと車の運転をしてしまったり、捕まらないからとたかをくくって運転してしまったりするのは絶対にやめましょう。
どんなに少量でもお酒を飲んで運転をしていると、重過失となってしまうケースがほとんどです。

またこの他には大幅なスピード違反をしていたというケースや、睡魔に耐え切れず居眠り運転をしてしまったというケース、またこの他には無免許状態で運転をしてしまったという場合に重過失になります。
このような重過失というのはどれも自分自身が気をつけていていれば起きることはない状況となっており、わかっていながら、このような運転をしたという意味で、重過失となっています。
さらに著しい過失というものもあり、その中には携帯電話などの画面を注視しながらの運転やお酒を飲んだ運転でも酒気帯び運転に該当するもの、またその他にも完全に前方を向いておらず、激しく脇見運転をしていたなどという場合に著しい過失となります。

重過失では先方への慰謝料も多くなる

上記したような重過失又は著しい過失となってしまった場合には、先方に対しての保障問題の中で特に最終的に支払う慰謝料が大きくなってしまうケースがほとんどです。
病院関係や仕事を休んだ部分についての保障というのは平均的な部分から考えられていますが、慰謝料については先方がどれだけ精神的なダメージを負ったのかという部分についても考慮されますから、加害者が重過失となればそれだけ被害者には精神的なダメージが与えられてしまうのは当然のことだと言えます。

また、最初にも書いたとおり刑事処分や行政処分に関しても決して軽いものではなく、罰金なども驚くほど高い金額での請求となることがほとんどです。
今現在お金がなく罰金を支払えないからと、そのまま言い逃れをすることができるものではありませんから、何としてでも支払いをしなくてはなりません。
期限内に支払いをすることができなければ、交通刑務所にいて罰金の金額が支払いを終えるまで刑務所内での労働をしながら過ごす必要が出てきます。
そのため、重過失などになってしまうことがないように常に気をつけながら自分のうんてには責任を持たなくてはならないことがわかるでしょう。

例え一般的に考えれば、被害者側にたくさんの過失があるとみなされるケースであっても自分自身が少しのお酒を飲んで運転をしていただけで重過失となってしまいます。
理不尽に思えるかもしれませんが、重過失や著しい過失というのはドライバーがそれだけ責任問題を怠ったという部分から決定してしまいますので、このような内容に該当する運転は絶対に避けるべきです。