交通事故で警察を呼ぶのはどうして?

交通事故が起きた時、必ず警察を呼ぶというのは多くのドライバーの把握していることだといえます。
どうして警察を呼ばなくてはなくてはならないのかについてどのように考えているかは、それぞれのドライバーさんによって違う部分もあるようですが、原則として道路交通法で決められていることですから、このような法律をしっかり守っていかなくてはなりません。

ところが交通事故が起きた時に警察を呼んでしまうと自分の免許証に影響があったりと、その他にも違反行為があれば罰則金の支払いなどがありますので、このような部分からできるだけ警察を呼ばずに逃げてしまいたいと考えるドライバーさんもいるようです。
事故を起こしておきながら、このように考えるというのは非常に不謹慎であり、非常識と言えるのですが、これだけではなく、交通事故が起きた際に警察を呼ばないことで様々なデメリットが発生してきます。

特に被害者そして加害者がある事故の場合にはその双方で保障問題について話し合いをしていかなくてはならないのですが、事故が起きた時に警察を呼んでおかないと現場検証を行うことができませんので、その後保険会社の対応などをするにも必要な種類がなく、話が進められなくなります。

事故証明書類がなければどうにもならない

交通事故後のさまざまな保障問題について保険会社を通す場合であっても無保険の状態で弁護士さんなどに相談する場合であっても、まずは警察の事故証明書がなければ話を進めることができなくなってしまいます。
保険会社などでの保障問題を決めるには必ず過失割合を考えていかなくてはならないのですが、この過失割合については事故証明書によってそれぞれの過失が決まるようになっています。
そのため警察を呼ばない状態で日にちが経過してしまえば、実際の交通事故の状況を把握するのが難しくなってしまうために過失割合なども決めることができなくなってしまいます。

そうなれば当然ですが、どれだけ保障すれば良いのかという中で双方の過失がわかりませんから、そこから先に話が進んでいかなくなってしまいます。
多くの保険会社では交通事故の初期対応から行ってくれるようになっていますので、警察を呼ぶと同時に保険会社のスタッフを呼ぶことも忘れてはなりません。

ドライバーとしての責任をしっかりと果たす

確かに交通事故を起こしてしまえば特に加害者になってしまうケースでは自分の免許などにも影響が出てきてしまいますのでさほど大きな事故でなければ、何とか被害者に話をしてその場で許してもらおうとするドライバーさんがいます。
しかしここで例え被害者の方がOK を出してくれたとしても、それはドライバーとしての責任も果たしていることにはなりません。
最初に書いたとおりドライバーは交通事故が起きた際に必ず警察を呼ばなくてはならないという義務がありますから、このような部分でしっかりと道交法を守るようにしましょう。

後になって交通事故も起こしていたということがなければ当然ながら処罰そのものも大きなものになります。
また、冷静に判断してくれる警察を呼ぶことで被害者側にどれだけの過失があるのかを考えてもらうことができるので、こうした部分で加害者となってしまう自分ばかりがたくさんの過失を負い保障問題を背負わされてしまうという事も防げるのではないでしょうか。
車同士が移動している状態であれば必ず被害者にも過失がありますので、後からの玉突き事故以外は双方での過失相殺を行うことになります。

様々な手続きをしていく上で、警察の事故証明書は必ず必要になりますから、そのために交通事故では警察を呼ばなければならないことになっています。