交通事故で警察を呼ぶのはどうして?

交通事故で警察を呼ぶのはどうして?

交通事故が起きた時、必ず警察を呼ぶというのは多くのドライバーの把握していることだといえます。
どうして警察を呼ばなくてはなくてはならないのかについてどのように考えているかは、それぞれのドライバーさんによって違う部分もあるようですが、原則として道路交通法で決められていることですから、このような法律をしっかり守っていかなくてはなりません。

ところが交通事故が起きた時に警察を呼んでしまうと自分の免許証に影響があったりと、その他にも違反行為があれば罰則金の支払いなどがありますので、このような部分からできるだけ警察を呼ばずに逃げてしまいたいと考えるドライバーさんもいるようです。
事故を起こしておきながら、このように考えるというのは非常に不謹慎であり、非常識と言えるのですが、これだけではなく、交通事故が起きた際に警察を呼ばないことで様々なデメリットが発生してきます。

特に被害者そして加害者がある事故の場合にはその双方で保障問題について話し合いをしていかなくてはならないのですが、事故が起きた時に警察を呼んでおかないと現場検証を行うことができませんので、その後保険会社の対応などをするにも必要な種類がなく、話が進められなくなります。

事故証明書類がなければどうにもならない

交通事故後のさまざまな保障問題について保険会社を通す場合であっても無保険の状態で弁護士さんなどに相談する場合であっても、まずは警察の事故証明書がなければ話を進めることができなくなってしまいます。
保険会社などでの保障問題を決めるには必ず過失割合を考えていかなくてはならないのですが、この過失割合については事故証明書によってそれぞれの過失が決まるようになっています。
そのため警察を呼ばない状態で日にちが経過してしまえば、実際の交通事故の状況を把握するのが難しくなってしまうために過失割合なども決めることができなくなってしまいます。

そうなれば当然ですが、どれだけ保障すれば良いのかという中で双方の過失がわかりませんから、そこから先に話が進んでいかなくなってしまいます。
多くの保険会社では交通事故の初期対応から行ってくれるようになっていますので、警察を呼ぶと同時に保険会社のスタッフを呼ぶことも忘れてはなりません。

参考: 神戸の交通事故に強い弁護士事務所

ドライバーとしての責任をしっかりと果たす

確かに交通事故を起こしてしまえば特に加害者になってしまうケースでは自分の免許などにも影響が出てきてしまいますのでさほど大きな事故でなければ、何とか被害者に話をしてその場で許してもらおうとするドライバーさんがいます。
しかしここで例え被害者の方がOK を出してくれたとしても、それはドライバーとしての責任も果たしていることにはなりません。
最初に書いたとおりドライバーは交通事故が起きた際に必ず警察を呼ばなくてはならないという義務がありますから、このような部分でしっかりと道交法を守るようにしましょう。

後になって交通事故も起こしていたということがなければ当然ながら処罰そのものも大きなものになります。
また、冷静に判断してくれる警察を呼ぶことで被害者側にどれだけの過失があるのかを考えてもらうことができるので、こうした部分で加害者となってしまう自分ばかりがたくさんの過失を負い保障問題を背負わされてしまうという事も防げるのではないでしょうか。
車同士が移動している状態であれば必ず被害者にも過失がありますので、後からの玉突き事故以外は双方での過失相殺を行うことになります。

様々な手続きをしていく上で、警察の事故証明書は必ず必要になりますから、そのために交通事故では警察を呼ばなければならないことになっています。

むちうちで後遺症認定されないは嘘?

どのような形で交通事故が起きてしまったケースでも、リラックスしている状態で交通事故にあってしまえば多くのケースでむち打ち症状になってしまうことが考えられています。
しかしむち打ち症というのは、当たり前のような症状として扱われていますので、事故直後から通院していても早ければ1ヶ月前後長くても3ヶ月前後で症状固定として打ち切られてしまうことがあります。

そのため多くの人の認識としてはむち打ち症になっていても後遺症認定は受けられず3ヶ月間の通院や休業補償が受けられれば満足というものではないでしょうか。
しかしムチ打ちというのは頚椎捻挫と言うものになりますから、頚椎がダメージを受けてしまうことによって、どのような症状が現れるかわからないという部分では非常に怖いものだと言えます。
上記したように、むち打ち症はしばらくの間痛みが続くのですが、このような痛みというのはいつまでも続いてしまうことが多く、寒くなる季節や少々無理をしてしまったなどという時にも痛みが出てしまうことがあるため、やはり前述のとおりとする捻挫症状として長期間の治療をしていても症状そのものが完治することはないという意味で症状固定を言い渡されてしまうことがあります。

ですが、しっかり覚えていて欲しいのがむち打ち症という症状でも後遺症認定が行われるケースがどんどん増えているということです。

認めざるを得ない症状があれば、後遺症認定が行われる。

交通事故による後遺症認定が行われる際には、所見的な症状なども重要なポイントになってくるのですが、基本的にむち打ち症というのは所見的な症状が見られるものではありません。
レントゲンやMRI などを撮影しても異常が見られないため特に異常なしと判断されてしまうケースがほとんどです。

しかし実際には痺れや感覚の異常などが生じていればこれは大きな問題となっており、このような部分を明確にするための様々な検査を受けた結果、後遺障害が認められるということがあります。
そのための小さな症状でも諦めずに、後遺症についての検査を受けてもらうことができるようら医療機関側にしっかりと自分の症状を伝えていくようにしましょう。

動かさなくても常に痛みを伴ってしまう場合やしびれが取れない場合等に関してはむち打ち症でも14級の後遺症認定が行われる可能性が高くなります。

病院が冷たいときには弁護士さんにお願いする

上にも書きましたが、基本的にむち打ち症というのは事故が起きてしまえば当然ながら誰もが患う症状だと言った認識が多いため、病院側としても細かな検査などは行わずに症状固定としてしまうことがほとんどです。
しかし何としてでも自分の中に症状があるため、後遺症認定をしてもらわなければ、今後の仕事には支障が出るし困るといった場合には、まず自分自身が医療機関に相談することが大切なのですが、それでも必要な検査等を行わずこれ以上は何も変わらないよなどと言われてしまうようであれば、弁護士さんに頼って弁護士さんから可能な限りの検査も行ってもらえるように、病院側に対しての話をしてもらいましょう。

病院側としては適切な検査をしっかりと行った上で最終的な判断をしなければなりませんから、素人である患者さんを相手に適切な検査わ、行わず、症状固定にしてしまうのはあとで大きな問題になります。
これに対して弁護士さんは鋭く切り込んでいくので病院側としても最終的には様々な検査を行い、その結果後遺症が認められることもあるので、むち打ち症で後遺症認定されないというのは一つの嘘だと思い、まずは後遺症認定をしてもらえるような方向で病院に通い続けることが大切です。